ジェットコースターに乗ると恋に落ちる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

スリルを共用すると恋に落ちるというのは、有名な話です。

遊園地でジェットコースター乗ったときや、お化け屋敷に入ったとき。吊り橋を渡る、パブリックビューイングでサッカー(スポーツ)の応援をする……

スリルや興奮、不安や歓喜を味わう場にいると、人はアドレナリンが分泌され心臓の鼓動が早くなります。これがドキドキの原因です。

そして、このドキドキは恋愛しているときのドキドキと区別がつきません。

このために、人はスリルを味わったときに近くにいた人を好きになってしまうのです。この現象を上手く使えば気になる相手をゲットできる可能性が高まるでしょう。

スリルを体験できる場所に行こう

恋を成就させるために手っ取り早いのは、とにかくスリルを味わえる場所に行くことです。

なんとかして、遊園地やスポーツ観戦に誘うことができれば、グッとゴールが近づきます。足元が不安定な吊り橋をはじめ、高いところも効果的。ダムや展望台も良いでしょう。

男にしか効果がない?

実はこのドキドキで錯覚させる手法は、男性にしか効果がないと言われています。女性にはあまり効き目がないのです。

「男性は興奮状態にあると近くにいる女性を好きになりやすい」ということになります。

体育会系の部活の女子マネージャーは、運動して心拍数が上がった状態の部員と接するため、「ドキドキ→恋心?」という勘違いが発生しやすくなるのです。

ですから、男性が意中の女性を振り向かせるために、ドライブで猛スピードを出したり、心霊スポットに連れ出したしてもあまり期待できないということです。

恐怖体験に対して嫌悪感を示す女性は少なくありません。「怖くて楽しかったー!」という女性は少ないのです(もちろん例外はいます)。